SHOP

Las Bodegas

生産者

Wineries

Bodegas Cunqueiro

ボデーガス・クンケイロ

ガリシアの風土を最大限に表現するワイナリー

伝統カサルでのワイン造り

1920年に初代セベリーノ・フェルナンデスによって畑が開墾され、ワイナリーが設立されました。ワイナリーは1880年代にガリシアへ移住してきたヨーロッパ人が建てた”Casal(カサル)”と呼ばれる屋敷を利用しています。現在は3代目と4代目が中心となり家族にて栽培、醸造、流通まで行っています。

過酷な環境下での厳選栽培

栽培面積10ヘクタール。標高125m~400mにかけて4つに分かれた地域で畑を栽培し大西洋気候では珍しく夏場は45度をも記録する過酷な環境にて栽培。ブドウの平均樹齢は50年となり、1本の苗から6房から8房と収量を厳しく制限し品質の向上に努めています。

BASIC INFORMATION基本情報

ワイナリー名
ボデーガス・クンケイロ
竣工
1920年
ぶどう畑面積
約10万㎡
主な生産ブランド
カサル・ド・ビラ・ティント、カサル・ド・ビラ・ブランコ
主な栽培品種
ガルナチャ・ティントレラ、パロミノ