SHOP

Las Bodegas

生産者

Wineries

Bodegas Viña Ruda

ボデーガス・ビニャ・ルダ

独自の製法で人々を魅了する新世代ワイナリー

極端な寒暖差が特徴のビニャ・ルダの畑

ボデーガス・ビニャ・ルダは2010年ラ・マンチャに設立された新しいワイナリーです。約15ヘクタールのブドウ園では、テンプラニーリョ種、シラー種、そしてアイレン種を栽培しています。年間の300日間は快晴に恵まれ、年間の日照時間は2,500時間、年間の降雨量は200mm-400mmとなっています。ワイナリーの畑の年間の平均気温は15℃ですが、冬には-5℃、夏には40℃を越し、とても寒暖の差が激しく、この寒暖の差がブドウの熟成を進めます。

革新的なインフシオン製法

ラ・マンチャ大学とナバーラ大学との3年の共同研究により、独自のマセラシオン製法「インフシオン製法」を生み出しました。その製法とは「ホース状のタンクに果皮や種子を詰めたところに果汁を循環させて、ぶどう本来の色調や旨味を抽出する方法」です。彼らは地域でも最新の設備を持ちながら、伝統的な製法と最新のワイン醸造学を合わせ、それをさらに開発、創造することで、人々を驚かすようなワインを造りだしています。

象徴的な相合傘のエチケット

ワインのエチケットのテーマは”傘”。ワイナリーの建物にも描かれたそのデザインは、恋人たちの愛をイメージし相合傘から連想され、愛されるワインであることへの願いと東洋と西洋を繋ぐイメージとなり、敬意を表して選ばれたデザインです。

BASIC INFORMATION基本情報

ワイナリー名
ボデーガス・ビニャ・ルダ
竣工
2010年
ぶどう畑面積
約15万㎡
主な生産ブランド
ルダ・インフシオン、ルダ・カスアル
主な栽培品種
テンプラニーリョ、アイレン